blog

Living-skin-of-earth.

2015年05月12日

これまで、我が家の庭には食べられるものしか、植わっていなかった。

去年、気まぐれに買ったクレマチスの花がこの春、綺麗に咲いたら、庭は狭くともフェンスに這わせる花ならば、いけるのか?ととうとう花に手を出した。

小さいながらも庭をもって、8年目の春。

150512_03

今日、鉢から移そうと庭の隅を掘り始めたら、ガツンと石ばかりて出てくる。よく見れば、石じゃない。セメントやコンクリートを砕いたもの。中には接着剤がついた石も出てくる。自然の石じゃない。その間にセメントが混じったようなぐちゃっとしたグレーの土が混じってる。

たった20cm四方を掘っただけで出てきた、
どこかの建物の一部だったはずの、かけら。

涙が出てきた。

いったい何が埋まっているのか。

地球の表面に生きているコトを実感する。

何年か前に書いたメモをここに記そう。

150512_02

 

災害とか何かあっても、3日間は自分ちの野菜で食べていけるように、と木枠で囲って土を入れて始めた庭。この囲いの中に、我が家から出た生ゴミやくず野菜8年分が入ってる。ミミズや微生物達はちゃんと分解してくれた。

3軒先の売土地も、こんなだ。コンクリートやセメント、アスファルトには石や砂が入ってる。石は風化すれば、砂となり、粘土となる。でも、これらは戻れない。なんでも埋めればいいの?

 

今まで知らずに生きてきた責任の一端を

私も担わなければいけないのか?と

途方にくれた午後。

 

150512_04