blog

米は種。キュウリの種も、子孫を残すため!

2013年07月12日

先日、【よみがえりのレシピ】を見た。(なにしろ、美味しそうなものばかり出てくるので、モーレツおなかが空く。)アンコメさんと出会った時、「米は、種なんだよ」の一言にびっくりした。そう、米は米だと思ってた。
映画の中で、キュウリを小学校で苗から育てるのだけど、ただ収穫するのではなくて、いくつかの実は種を穫るために大きくする。こどもたちは種を、来年のために残す。

我が家も、しそとバジルは毎年1本だけ種ができるまで枯れても放っておく。ちゃんと種をとることもあるけれど、適当に種が飛んで、翌春また芽が出る。ゴーヤは最初の2年、種をとったが、種から育てるのが難しくて、最近は苗を買ってる。そうか、きゅうりも種だ。今年は、キュウリの種もとって来年へつないでみようかな。

映画館で、ARTORO参加者の女性と偶然一緒になり、帰り際「玲子さん、子孫を残さない種があるの、知ってる?“自殺する種”っていうんだよ。」一度きり。子孫を残さないように遺伝子を組み換えられている。そんな種があるんだ。種の著作権か……。もうなんだか、途方にくれる。自分にできること、やろっと。