blog

「ブーツが2つ」のゆくえ。

2016年11月19日

雨上がり。

子ども芸術大学に参加した3人兄弟のお母様からいただいたメールです。

あの作品が誰の手にわたり、どんな出来事が起きたのか?

初めて知ることができて、本当にうれしいです。

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブーツがふたつについてのお礼」

 

はじめまして。

富士市在住の○○と申します。

この度、娘(小5)息子(小3)+息子(年中)が

子ども芸術大学、蒲原の五十嵐邸で行われた原倫太郎さんのワークショップに参加しました。

旧東海道を散歩しながら、昔のものと今のものを発見し

影絵をつくるというものでした。

昨日、その作品が飾られている蔵を家族と一緒にみにいきましたところ

(最終回に参加できなかったので、)修了証書と記念品をいただきました。

「記念品はわれものだから気をつけてください」と係の方から教えてもらいました。

何やらとても小さくてわくわくしました。

家に帰ってから我が子3人は一つの箱 を開けてみました。

「ブーツがふたつ」

「何がちがう?」    ~手ざわりだよね、素材だね、つるつるとがさがさだよ、全然ちがうよね

それで指示通り水の中に入れてみました。

以前、こういう水の中にいれると大きくなる恐竜とか、色がかわるおもちゃとか体験したことがあります。

洗面器にいれて様子を見ることにしました。

~。。。

~。。。

~えー、どういうことなの!!!!!!!!!!

予想を翻したこの結末に子どもたちは唖然としました。

びっくりしました。ためいきでした。ゆらさないでと言いました。

とけました。土になりました 。

洗面器じゃなかったらよかったね。

最後だったからね、いいいれものに入れてあげればよかったんだよ。

じゃ、この土をさ、もうひとつのブーツにいれてさ、植物そだててみたら。

でも、下に穴がないか。

じゃ、土は入れるとしてもドライフラワーいれようよ。

あ、また土から何かできるのかな。もう一回ブーツとか。

一つこわれるともうひとつが大切に思えてくるね。

大事にしようね。

ママ、この土そのままにしておいてよ、捨てちゃだめだよ

あとひとつの箱どうする?

焼いたら固まるのかな

オーブントースターでできるの?

わからない。

かちかちやまみたいだった ね。

こうやってたぬきの舟は沈んじゃったのかな。

すぐとけちゃったね。

でもふんわりきれいだったね。

三人兄弟の会話

私もとてもびっくりしました。まさか、とけちゃうとは思ってもいなかったのです。

でも、すごいプレゼントだと思いました。

もう一つのブーツが愛おしく思えて、作者の気持ちとか作品にこめられた思いとか考えました。

箱の外側には782/1000とかいてありました。

1000通りの感じ方がきっとあるんだろうなと思いました。

きれいだとか美しいとかそういう感じ方の他に

もっと違う何かがこの作品にはある気がします。

記念品は二箱いただき、あ と一箱残っています。

どうしようかと思います。

子どもたちはどうするんでしょうね。

楽しい時間をありがとうございました。

感謝いたします。

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

1000通りの感じ方がある、とおしえてもらえた。

ありがとうございます。

161119_04