blog

第4回「令子の部屋」のお知らせです。

2016年03月08日

塗り

第3回に引き続き、藤原辰史さんをお迎えします。(話し足りなかった…)

第4回 令子の部屋

ゲスト:藤原辰史さん
4月1日(金)19:00~(18:15~受付、18:30~18:45石磨き)
場所:世沙弥/大阪市淀川区1-3-28
要予約:motoharareico@gmail.com または taizo3213@gmail.com 電話:06-6302-4856(世沙弥)

去年(2015)はじめて行った韓国。私が食べたものはどこへ行くのか、下水の道をたどったけれど。ホテルの朝ごはんは、自分がどこの国にいるのか見失うほどのザ・ブレックファスト。誰が、何たべようと下水管一本で、その先の海は境い目ナッシング。
あれから、一年。私の口に入る野菜も果物も土からの栄養で育つわけで、土の中の無数の生物や菌がせっせと働いて、うちのクズ野菜を分解してくれるから!とか言ってるけど。(菌、見えねぇ。)みみずやダンゴムシが食べて消化できなかったもんを別のどなたかが食べては排泄し、最終的に窒素とか元素にしてもらわないと植物は吸えない。土の中には、地球上のあらゆる元素が含まれてる、とか陶芸やってるから言うけどさ、その土ったって、めっちゃ地球の表面だけで。
わたし、何の元素でできてんだ?とか頭でっかちになって疲れてきた今日、この頃。藤原さんと発酵もんをつまみに、楽しくお話をうかがいたいの巻。

*18:15から受付ですので、世沙弥さん現代美術コレクション(奈良美智さんから名和晃平さん、ウチの近所にお住まいの岡本光市さんから、瀧弘子さんまでも)をご覧いただいたり、18:30~18:45は石を紙やすりだけで磨くプロジェクト(2015~2020)にご参加ください。*

【藤原辰史(ふじはら・たつし)さんのプロフィール】
島根県出身。京都大学人文科学研究所の教員。食や農業の歴史を研究している。著書『ナチスのキッチン』、『かぶらの冬』、『食べること考えること』など。好きな食べものは、納豆ご飯とおはぎ。

関連記事:第一回「令子の部屋」第三回「令子の部屋」

idea_sketch_web