motohara reico

art program

13100g clay workshop

04,November,2011 100g clay workshop was held with 10 citizens in my residence studio at ekwc in Holland.

内容

「100g」のキモチは、参加者が100gの粘土の可能性について学びながら自由な作品を作る試みです。
2008年より静岡、東京、松本、金沢、福岡など全国6ヶ所で9回開催し、12歳から69歳までのべ109人が参加しました。
2011年にはartist in residence で滞在したオランダのekwc(european ceramic work centre)でも一般参加者10名と開催しました。

検証

きっかけは、ある日、100gの土玉をいくつもつくり、さてここから全部ちがうカタチ、どれだけバリエーションを出せるかやってみようと始めたこと。 同じものを作ろうとしてもできないことはわかっていたが、参加者の作品の多様性に驚き、あらためて土の可能性を感じている。